2011/12/23  深夜4時

今、深夜の4時です。
先ほど、大学病院から連絡があり、ご入院中の方のご主人が亡くなられ、
その方を、ご主人がご入院中だった病院までお送り致しました。

先日は、私をとてもよくご利用頂いていたご夫婦の奥様が、
お亡くなりになりました。

奥様は入退院を繰り返されていて、ご主人がとても献身的に介護されていらっしゃいました。

初めて私をご利用頂いたときは、病院から一時帰宅されるときで、
そのとき、病院へ帰る間際になって、奥様がどうしても髪を染めて帰りたいと言いだし、
ご主人は、慣れない手付きで奥様の髪を染められて、私も一緒にお手伝いしました。

悪戦苦闘してどうにか髪を染めて、病院に戻ったときに看護師さんから

「髪を染めたんですね!綺麗になりましたね!」

と声を掛けられたときの、嬉しそうな奥様の表情を見たとき
大変だったけど、やってよかったと思いました。

ご主人も決して健康体ではなく、よくうずくまって「ハァ、ハァ」と息を切らしている
姿をお見かけしました。

それでも、奥様の為に一生懸命でした。

少しでも、奥様をご自宅に帰そうと、
頻繁に、私にご依頼を頂きました。

時には、病院に外出許可を取る前に私に依頼して、
病院から私に、少し待って下さいとご連絡があることもありました。

奥様がお魚がお好きなので、一時帰宅の際、お魚のおいしいと評判のお店に、
お連れしました。そのときには、私もご一緒させて戴きました。

足を痛がる奥様の為、ご自分で整骨院等も探されていました。

ご主人の姿を見て、同じ男として、自分は家内の為にこんなにできるだろうか?
と、思うこともありました。

奥様は、私がお迎えに上がると、とても嬉しそう笑ってくれました。

ご主人は、奥様がいつもと違う病院に治療に行ったとき、
その病院の看護師さんが、奥様をベットから車椅子に移乗されようとしたとき、
それを制止して、

「彼が慣れているから、彼にお願いします。」

と、わさわざ私に移乗をさせてくれました。

短い間でしたが、お二人の思い出がたくさんあります。

ほんとうにありがとうございました。

今はただ、奥様のご冥福をお祈り致します。





| コメント(0) | トラックバック(0) | ブログ

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

andofukushitaxi

Author:andofukushitaxi
安藤福祉タクシー
代表 安藤茂利

〒860-0811
熊本県熊本市中央区
本荘2丁目12-1
携帯090-3079-0632
TEL 096-373-6196
FAX 096-372-5894

一般乗用旅客九運旅
         2第26号
[熊本市消防局認定]
患者等搬送事業第10号
[内閣府認証NPO法人]
日本福祉タクシー協会
       熊本支部長
大型二種免許
ホームヘルパー2級
ガイドヘルパー
 (全身性・視覚障害者)
福祉用具専門相談員
日本赤十字救急法救急員
患者搬送乗務員
認知症サポーター
熊本観光文化検定3級

小型4級船舶免許
PADI(スキューバダイビング)
      ダイブマスター
フーォークリフト運転技能者
高所作業車運転技能者
玉掛け技能者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: