2012/03/18  哀追 安永蕗子 様

熊本に歌人で 安永蕗子(やすなが・ふきこ) 様という方がいらっしゃいます。
戦後の歌壇を代表するお一人で、宮中歌会始選者であり、熊本の名誉市民でもあられます。

昨日、ご入院中の病院からご自宅までお送りする私のタクシーの車内で
お亡くなりになられました。

前日遅くに病院の緩和ケアの病棟からご依頼頂き、
当日、病室にストレッチャーで伺うと、看護師長さんから

「実は危篤状態で、ご自宅までは持たないかもしれません。」

と告げられました。

酸素を付け、看護師さんも同行し、出発しました。
約15分後、付添の看護師さんから

「呼吸の間隔が長くなっています。多分もう…」

そのすぐ後に、息を引取られました。

ご家族のご希望で、患者様に見せたいと、熊本で有名な江津湖という湖の側を通り
ご自宅にご案内し、用意されたお布団に移乗させていただきました。

運行中亡くなられた辺りは、患者様がお生まれになった場所だったそうです。

ご冥福を心よりお祈り致します。

本日の熊本日日新聞の掲載されたものです。

安永蕗子2_convert_20120318173658


ご家族のお話しで、上の記事にもあるように、ご本人様はかねてよりご自宅に帰りたがって
いたそうですが、お体の容態も心配で、なにより帰る手段がなくあきらめていたところ、
病棟の看護師さんから、私をご紹介頂いたそうです。

昏睡状態が続いていましたが、病院を出発する前の

「今から、家に帰るよ!」

という言葉に、かすかに反応されたそうです。

「家には帰り着きませんでしたが、家に帰ることは分かっていたと思いますので
本人はうれしかったと思います。」

と言っていただきました。

日々の業務のなかで、ご利用者様からよく

「こんなタクシーがあるとは、知らなかった。」

という言葉を頂きます。

福祉タクシーはまだまだ知名度が低く、そのためご入院中の方、特に重症の方で
ご自宅に帰りたいのにあきらめている方が、たくさんいらっしゃると思います。

そういった方々を、少しでも多くご自宅にお送りできるよう
がんばらなければと思いました。



| コメント(0) | トラックバック(0) | ブログ

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

andofukushitaxi

Author:andofukushitaxi
安藤福祉タクシー
代表 安藤茂利

〒860-0811
熊本県熊本市中央区
本荘2丁目12-1
携帯090-3079-0632
TEL 096-373-6196
FAX 096-372-5894

一般乗用旅客九運旅
         2第26号
[熊本市消防局認定]
患者等搬送事業第10号
[内閣府認証NPO法人]
日本福祉タクシー協会
       熊本支部長
大型二種免許
ホームヘルパー2級
ガイドヘルパー
 (全身性・視覚障害者)
福祉用具専門相談員
日本赤十字救急法救急員
患者搬送乗務員
認知症サポーター
熊本観光文化検定3級

小型4級船舶免許
PADI(スキューバダイビング)
      ダイブマスター
フーォークリフト運転技能者
高所作業車運転技能者
玉掛け技能者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: