2012/07/30   熊本空港 搭乗口にて

先日は茨城県の病院からのご依頼で、熊本空港~ に到着される患者様の
熊本市内の病院まで搬送をお受けいたしました。

当日、お迎えに行く前に羽田空港~の職員の方からお電話を頂き、
患者様が搭乗口内で、私のリクライニング車椅子に乗り換えを希望されていますが、
搭乗口内まで来ていただき、乗降のお手伝いをして頂くことは可能でしょうか?
とのお電話を頂きました。

リクライニング車椅子は、病院からご依頼の際、ご連絡を頂いていましたので、
「はい、まったく問題ないですよ。
とご返事すると、その後、熊本空港の職員の方からご連絡があり、打ち合わせを行いました。

今までも、熊本空港へのお迎えは何度も伺っていて、
通常なら、飛行機内専用のかなり小さな車椅子に乗って、搭乗口の外まで出てから
ご自分のものや、私がご用意した車椅子に乗り換えていたのですが、
(ストレッチャーの方も同様でした)
飛行機内専用の車椅子のリクライニング式のものが、熊本空港にはないそうで、
飛行機内から搭乗口の外までは意外に距離があるので、
今回は体調を考慮して、すぐにリクライニング車椅子に乗り換えたほうがよいとの
ご判断のようです。

飛行機の到着頃に、飛行場の職員の方と一緒に、職員専用の入口の保安検査場で
ボディチェックと荷物検査を受け(リクライニング車椅子も、厳重にチェックされました。)


DSC_0143_convert_20130802231827.jpg
搭乗口入口あたりで、一般のお客様が降りられるのを待って、


DSC_0144_convert_20130802231913.jpg
飛行機入口のすぐ近くまで、お迎えに上がりました。
(先のドアが、飛行機の入口です。

航空会社の男性の方が3名が、

「我々がお手伝いします。

といらっしゃってくれて、一緒に患者様を私のリクライニング車椅子に移乗し、
空港職員の方の先導で専用出口から出て、私の車にご乗車いただき、
無事に病院までお送りすることができました。

今回の熊本空港と航空会社の手厚い対応には、とても感心しました。
私もまた、とても貴重な経験をさせて頂いたと思います。

ありがとうございました。

| コメント(0) | トラックバック(0) | ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

andofukushitaxi

Author:andofukushitaxi
安藤福祉タクシー
代表 安藤茂利

〒860-0811
熊本県熊本市中央区
本荘2丁目12-1
携帯090-3079-0632
TEL 096-373-6196
FAX 096-372-5894

一般乗用旅客九運旅
         2第26号
[熊本市消防局認定]
患者等搬送事業第10号
[内閣府認証NPO法人]
日本福祉タクシー協会
       熊本支部長
大型二種免許
ホームヘルパー2級
ガイドヘルパー
 (全身性・視覚障害者)
福祉用具専門相談員
日本赤十字救急法救急員
患者搬送乗務員
認知症サポーター
熊本観光文化検定3級

小型4級船舶免許
PADI(スキューバダイビング)
      ダイブマスター
フーォークリフト運転技能者
高所作業車運転技能者
玉掛け技能者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: