2015/05/01 緩和ケア病棟の患者様の一時帰宅

昨日、緩和ケア病棟にご入院中の患者様、
お二人からお受けしていた、一時帰宅のご予約の
当日のキャンセルのご連絡をいただきました。
お二人ともに、お亡くなりになられたとのことでした。

このような時、私は恥ずかしながら、
本当になんとお答えしていいのかわかりません。

お一人は10日ほど前に、病院のご紹介で
はじめて一時帰宅でご利用して頂き、
その時にいたく、福祉タクシーを気に入っていただきました。
3日前にまたご予約を頂いて、
その時は、銀行や郵便局でいろいろな手続きをされた後、
お友達とお食事を楽しまれ、
昨日も、別のお友達とお食事のご予定でした。
銀行や郵便局では、車いすの介助で
お付添いさせて頂いたのですが、
顔なじみの職員の方々に笑顔で、
「もう会えないと思うけど、今まで本当にありがとうね」
とお礼を言われていました。
私も車内で、
「みんな、本当にいい方だった。最後に会ってお礼を言えてよかった。
本当にありがとうね」
と言われました。

もうお一方は、3月中旬から毎週一時帰宅でご利用頂き、
桜の時期には、桜の満開の道を回り道して帰ったり、
また、私がご親戚の方によく似ていると言っていただいたり、
(女性の方なのですが…)
ご家族の方との世間話が、私も楽しみでした。
ご連絡を頂いたご家族の方から、
「もう少しお世話になれると思っていたのですが…」
と言われ、私も同じ思いでした。

お二方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

以前のブログでも書きましたが、
自分にとってご入院中の患者様、
とくに緩和ケア病棟等の重度の患者様の
一時帰宅のお仕事は、より重要に感じています。
私は、医療関係者ではありませんので、
患者様のご病気をお助けすることはできませんが、
お医者様が許可された一時帰宅のご送迎を、
安全に実現できるよう、全力を尽くすつもりでおります。
医療用酸素等の取扱いや、看護師付添いの手配も、
そのために準備しました。
その一時帰宅が、安全に、そしてなにより
楽しいお時間になるよう、
これからも笑顔で、誠心誠意努めてまいります。

| コメント(0) | トラックバック(0) | ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

andofukushitaxi

Author:andofukushitaxi
安藤福祉タクシー
代表 安藤茂利

〒860-0811
熊本県熊本市中央区
本荘2丁目12-1
携帯090-3079-0632
TEL 096-373-6196
FAX 096-372-5894

一般乗用旅客九運旅
         2第26号
[熊本市消防局認定]
患者等搬送事業第10号
[内閣府認証NPO法人]
日本福祉タクシー協会
       熊本支部長
大型二種免許
ホームヘルパー2級
ガイドヘルパー
 (全身性・視覚障害者)
福祉用具専門相談員
日本赤十字救急法救急員
患者搬送乗務員
認知症サポーター
熊本観光文化検定3級

小型4級船舶免許
PADI(スキューバダイビング)
      ダイブマスター
フーォークリフト運転技能者
高所作業車運転技能者
玉掛け技能者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: