fc2ブログ

2022/05/29 鹿児島

夕方の4時ごろに
日頃よりお世話になっている
病院の相談員様よりお電話
「今からストレッチャーで鹿児島市の
ご自宅までおねがいできますか?」
すでに当日のご予約分は終了していたので、
ご準備してお迎えに。
お電話で患者様はかなり体重があり、
ご自宅での介助のお手伝いは奥様のみ、
ご自宅はマンションでストレッチャーは
入らないとのことで、どのようにするか
考えることに気を取られていて、
相談員様から伺った
重要なことを忘れていました。
それは、患者様の体重が130㎏あること
実は通常市販のストレッチャーや車椅子の
耐荷重は100㎏まで。
つまり患者様をストレッチャーに
お乗せすることはできないのです。
病室で相談員様と話合っていると、
担当のドクターから
「多分車椅子で大丈夫だから、
病院の車椅子でお送りして、
後で車椅子を返却してもらえばいいですよ。」
とのご提案。
私は以前販売されている
ストレッチャーや車椅子を
かなり調べたのですが、
100㎏以上の耐荷重のモノは
見つかりませんでしたが、
病院で最近購入されたその車椅子は
大丈夫とのことで、
その方法で行くことに決まりました。

IMG_5157_convert_20220605131446.jpg
今回お借りした車椅子です。
後で調べてみたところ確かに耐荷重が130㎏で、
サイズもかなり大きいです。勉強になりました。

鹿児島まで約3時間、
患者様はかなり辛そうでしたが
ズレる体をご自分の腕力で戻しながら
なんとかご自宅マンションに到着しました。

IMG_5143_convert_20220605131549.jpg

心配していたご自宅での介助も、
患者様は会社の社長をされていて、
会社の男性社員さんが2名待機されていて、
無事にご自宅のベットまで
お送りすることができました。
患者様は本当によくがんばられたと思います。
本当にお疲れ様でした。

余談ですが、
お送りしたご自宅のマンションは
鹿児島中央駅のすぐ横にあり、

IMG_5145_convert_20220605131530.jpg
鹿児島中央駅の観覧車

お手伝いいただいた社員さん曰く
数年前にできた鹿児島で一番の
高級マンションだそうで、
最上階には、今テレビ等で活躍されている
上白石萌音、萌歌姉妹の
ご両親がお住まいだそうです

_convert_20220605135735.png

すべて終了したのは夜の9時過ぎ、
桜島も真っ暗で見ることはできず、
翌日は朝からご予約が入っているので、
鹿児島らしいものは感じれず帰る途中に偶然、
せごどんがお見送りしてくれました

IMG_5151_convert_20220605131508.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0) | ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

andofukushitaxi

Author:andofukushitaxi
安藤福祉タクシー
代表 安藤茂利

〒860-0811
熊本県熊本市中央区
本荘2丁目12-1
携帯090-3079-0632
TEL 096-373-6196
FAX 096-372-5894

一般乗用旅客九運旅
       2第26号
[熊本市消防局認定]
患者等搬送事業第10号
[NPO法人]
日本福祉タクシー協会
       熊本支部長
大型二種免許
ホームヘルパー2級
ガイドヘルパー
 (全身性・視覚障害者)
福祉用具専門相談員
日本赤十字救急法救急員
患者搬送乗務員
認知症サポーター
熊本観光文化検定3級
小型4級船舶免許
PADIダイブマスター
(スキューバダイビング)
フーォークリフト運転技能者
高所作業車運転技能者
玉掛け技能者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: